2/28/2017

切羽と書いてセッパと読む、「切羽詰まる」とかの言葉とは何も関係ないようです。

なんでこの飾りミシンステッチの事を切羽というのか、誰かご存知ありませんか?

ところでこの切羽、特殊ミシンになります。

それだけしかできないミシン。自分の所にあるのは中古の、しかも古いモデルのミシンです。

「reece」(リース)という会社のミシンです、レンタルしているわけじゃなくてそんな名前なのでややこしい。

自分の知る範囲のセッパミシンはジューキとリースしか知りません、ジューキは言わずもがな有名メーカーですがこの切羽、ホール関係ではリースの方が好みです。

おそらくい...

2/26/2017

テーラードジャケットの袖に、たまにこういった「メス無しのボタンホール」が施されていることがあります。

こういうのはインポートの洋服に比較的多いです、メリットは生地に切り込みを入れればそのまま本開きになるというところ。

ただ袖丈を詰めたり出したりする場合は、ほどいた際の跡形が残り易いため難儀するところです。

詰める場合は肩から詰める方がいいかもしれません。

もともとインポートは袖は長めなので、出す事はあまりないかもしれません。

ちなみにこれも「環縫い」みたいなしくみなので、きっかけの所を外せばツルツルツルとほどけてくれます。根元の閂部分を解くの...

2/21/2017

時々新品の商品でも「釦を補強」とか「付け直し」とかあります。

最初から(製造の段階で)なんとかすればいいのに、って思ってしまいますが、もちろんそんな事は口にも顔にも出さず粛々と作業をするだけです。

なぜそんな事になるのか?という理由は機械で付けられたか、手縫いで付けられたかの違いによると思います。

機械縫いの構造は「環縫い」

チェーンステッチで御馴染みのアレです、一本の糸のループの繰り返し。

スラックスの裾上げにも使われる表に縫い目の無い仕上げもソレです。

糸が一本の為どこかループのひっかかりが外れるとツルツルツルと外れます。

ほどくときは気持ち...

2/21/2017

これだけモノも情報もあふれていてしかも洋服も使い捨て感覚になるほど安く買える今の時代、いったい「直し」に出来る事は何だろうかとよく考えてました。

ひとつ考えついたのは「既製品とオーダーメイドの間を埋める事」

例えば男性を無作為に10人集めたら10通りの身長体重体型の人が集まり、女性であればバストもあるのでさらに様々になるかと思います。

ところが既製品でのサイズは最大公約数的に数サイズ(S、M、L、XLとか)のみで構成されています、量産を考えると当たり前の事ですが、細かくサイズ分けするほど手間も売れ残りも発生し非効率なのは明らか。

体に合った...

2/17/2017

ここ数年ドカジュアルに振れてしまっている自分の冬アウターの2番手。”workers”のクルーザージャケット。

filsonの古着でありそうな、森の中が似合いそうな王道のアメカジ的ウェア。

比較的暖かい今朝のハンガーラックにかけた自分の服の辺りからなんとなくなんとなくオイニーがする、気がする。

加齢臭かミドル臭というやつ。おそらくそれ。

そういえばこれは洗ったりしたことないな、クリーニングに出した事もない、というかそもそもあまりクリーニングは利用しない方で、ニットもアウターなどもできるだけ自分で水洗いをするようにしています、そもそもこんなかた...

2/11/2017

アパレルとか洋服に関係した仕事をしていても、普通の人は”機械のボタンホール”か”手かがり”によるボタンホールか分からない場合があるようです。

素人のハンドホールならすぐ分かるかも知れませんが、プロの仕事はやはり綺麗なので。

まず前提としてその「見る目」を持っている事、そのうえでも別格だと判断された事。

それが大変誇らしかったんだろうなと、今更ながら思います。

時々ひまのあるときは横でやり方を見させてもらいました。

やっぱり手順はほぼ同じ、同じようにやっても仕上がりは全然違う。

時々コツも教えてくれるのですが、やはり「手加減」「手の感覚」次第とい...

2/9/2017

リフォームの会社に入ったきっかけがメーカー時代にお手本にしていた「袖の手穴かがり」だったと話しました。

工場で仕事していた頃、みんなが手本として真似ていたのがその会社に所属する職人の仕事でした。

ここだけの話し、機械の穴ミシンで通常より細い糸を使い、ワンタッチのオートメーションでミシンと穴を開け、あとは手縫いの穴糸を使ってミシン跡をなぞるように手でかがれば大きさも形も均一に揃います。

穴ミシンなど導入していない(かなり高価なので)リフォーム屋では一つずつホールの大きさにほつれどめのミシンをかけて、ノミと鳩目を使い穴を開ける、一つ一つ手作業...

2/4/2017

以前書いた「人気男性タレントF氏お直しする衝撃の事実発覚!」

未だに僕の所にはアポイントメントはありません。まだかな。

私物のジャケットの着丈詰めをしたので少し詳細をあげてみようかと思います。

昔縫製工場で働いていた頃に自分で作ったジャケットです、たしかパターンは流用して作ったような。既製品らしい縫製仕様になってます。

まずフロントカットをもう少し丸みの出たカットにしようと思います、いくつか型をつくってあるのでイメージに近いものを合わせてみます。

 後ろとサイドはそのままに、前だけ1.5くらい上げて、そこからゲージをあててカットを書き直します...

2/3/2017

一年以上は前でしょうか、車の中でラジオを流していた時、たまたま福山雅治さんの番組がかかっていて、その中で洋服の話になった時「ボクもたいていお直ししますよ、少し(の寸法)でも」という衝撃的な言葉が耳に飛び込んでまいりました。

あの!福山雅治が!お直しを!するなんて!

「少しでもやっぱり違いますよ」だなんて、もっと大きな声で言って下さいよ!いろんな所で!

運転しながら独り興奮して魂の叫びをあげてしまいました。

衣装関係の方に頼むのでしょうかねぇ。

ほんとかよ?という方は「福山雅治 洋服 サイズ」でググってみて下さい、番組の内容を書き起こしたような...

Please reload

12/29/2019

10/4/2019

Please reload

blog

​洋服お直し ラボラトリオ

大阪市中央区淡路町にある大正14年築の登録有形文化財、船場ビルディングの​302号室にて洋服の寸法直し、修理などを承っております。

​どうぞお気軽にご来店、お問い合わせください。

 tel   090-4271-3020

大阪市中央区淡路町2−5−8

船場ビルディング 302

laboratorio@yahoo.ne.jp

  • Black Instagram Icon
Please reload