3/17/2019

裾上げの項でも少し触れた靴擦れのテープがこちら。
 


新品でもインコテックスとかその辺りのブランドのパンツを購入するとポケットに入っていたりします。


このエッジだけ紐が入ったように、少し分厚くなったテープって国内では見つからなくて、結局イタリアに洋服の仕事で出張するような方にお願いして買って来ていただいてます。


ほら、made in Italy の文字が。


向こうでサルトなどが付属や消耗品を買っているところでは普通にあるみたいです。(一度行ってみたい。手縫いの糸とか買いたい)
ですのでちょっと珍しいカーキや水色とかの色も買って来ても...

3/12/2019


今回自ら施したハンドホール(手穴かがり)がこちら。

袖の一番上はメス入れ(切り込み)無し、鳩目が本開き。
糸は普通の「絹穴糸」です。

身頃はその糸(三本撚り)の撚り糸を一本抜いて二本撚りにしてかがったホールです。
つまり糸そのものを細くしています、その分少し針目(ピッチ)が細かくなっています。

手作業なのでこれを行う職人によって、仕上がりの表情は変わります、その人の個性が出るのだと思います。

今の私はこのような表情に仕上がります、作業していて気分がノってくるのは細い糸の方ですね、細かい分没頭するような気分です。

一年後は...

3/11/2019

裾上げ考

最近数年ぶりにスーツを購入しました。
サルトリア・ラファニエッロのメジャートゥメイド(パターンオーダー)です。
袖とパンツの裾はあえてアンフィニッシュにしてもらいました、ハンドホール(手穴かがり)とモーニングカットのダブル仕上げにしてみたかったからです。
普段お客さんにしている作業を自らの服に施してどんなものか確認をしたかったというところが本音です。

 


裾はフィッティングの際、おまかせで東氏にピンを打ってもらったものの、あとから計ったら少し短く感じたためあらためて自らピン打ちし直そうとしました、が、ズボンを履いて裾にピ...

3/10/2019

使用するブラウザを変えたらウェブサイトが編集できるようになりましたー!
ほったらかしにしてすいません。


根っこがアナログ人間ですしおっさんですし、PCは苦手(涙

でもこれからはぼちぼちをブログアップしていけそうです。

Please reload

12/29/2019

10/4/2019

Please reload

blog

​洋服お直し ラボラトリオ

大阪市中央区淡路町にある大正14年築の登録有形文化財、船場ビルディングの​302号室にて洋服の寸法直し、修理などを承っております。

​どうぞお気軽にご来店、お問い合わせください。

 tel   090-4271-3020

大阪市中央区淡路町2−5−8

船場ビルディング 302

laboratorio@yahoo.ne.jp

  • Black Instagram Icon
Please reload