SEARCH BY TAGS: 

title
  • Black Instagram Icon

ゾゾスーツがまだこない

最初このニュースを目にしてすぐに注文したくちです。

着るだけであらゆる箇所のサイズが測れるというテクノロジーも凄いですし、「洋服のお直し屋」としても見過ごす訳にはいかなかったので。

ゾゾスーツと言っても背広のようなスーツではなくてモジモジくんみたいな全身タイツです、いやどっちかと言うとGANTZのコスプレができそうなタイツ。

でもよく考えてみたら洋服のサイズ云々よりフィットネス分野のほうがはるかに使えそう、ダイエットや筋トレの記録にもってこいではないですか。

たぶん私は届いたらそのような使い方をするだろうという気がしてます。

自分で自分の体って計りにくいですよね。

考えてみれば、当たり前のようにメジャーという古より伝わる道具があって、それに頼るのですが、計るって案外難しいものです。

何回やってもピタリと同じ数値がでるわけでもないし、複雑な立体を細い平面のテープで計るという行為はよく考えてみれば非常に前時代的つーかアナログ。

タイツを着れば計測されるなんてとても画期的!待ってました!と言いたいくらいです。

だから早く体験してみたい。

でも発送が伸びに伸びてる模様です。

各自が正確なサイズを測る事ができれば試着のできないネットで洋服を売る際一番問題なサイズ合わせを解消できる、という事だと思うのですが、私が思うに、人間の体って、相当に個人差があると思うのです。これはお直しをずっとやってきての感想ですが。

例えば同じ年代の男性を10人無作為に抽出したら、身長体重足のサイズ胸囲肩幅手の長さ足の長さなどなど千差万別だろうと思います。

世代でカテゴライズすると体型がバラバラ、似通った体型でカテゴライズすると洋服の好みがバラバラ。洋服の好みでカテゴライズすると体型がバラバラ、女性だとさらに個々の胸(乳)の大きさの違いも加味されて余計煩雑になるような。

だからS、M、L、XLのような”とりあえず”の大まかな枠組みがあったほうが、諸々スムーズに事が運んでいたのかな、という気がします。

結局その枠組みの中でないと、既製品の洋服を作る事も複雑さが増すばかりになるのではないか。

今ある既製をケースバイケースで手直ししたほうが早いんじゃね?と思ってくれる事を密かに期待しています。ここだけのはなし。