Please reload

SEARCH BY TAGS: 

November 3, 2019

October 4, 2019

September 1, 2019

July 31, 2019

April 7, 2019

March 17, 2019

March 11, 2019

March 10, 2019

Please reload

title
  • Black Instagram Icon

英語のお勉強

February 25, 2018

今年に入ってからインスタでは出来るだけ英語で表現できるようチャレンジしています。

 

おいおいどうした、と思われているかもですが、一度海外のお客さんが来られたとき言葉がほとんど出てこなかったので(えっと…これはなんて言えば…)

これじゃイカン!英語勉強しなくては!と思った次第です。

手始めにインスタのコメントを英語で表現して慣れていこうかなと。

実際辞書とかで調べていると、この、「お直し」に関する日本語と英語の表現のズレみたいなものに気づかされました。

 

「ファッションリフォーム」という言葉も日本のみで通用するような造語で(昔は家庭にミシンが一台あった時代、高度経済成長期辺りとある女性がこういったムーブメントを起こしたようです、名前は忘れました)国内では洋服のリフォームも家のリフォームも違和感無く使われていますが、英語ではリフォームではなくオルタレーションとか(洋服の場合)あとは名詞ではなく動詞で表現するようです(こんな事言ってもまだ勉強中なので自信は無いです)

そういう意味では「リペア」も表現的には少し大きいモノへの表現に適しているようです。

 

こういう所も日本はガラパゴス的なのか、はっきりいって、裾上げの熟練の職人はめちゃめちゃ仕事が速いと思います、日本代表でオリンピックに出てメダル取れそうな人はゴロゴロいてそうですけどね(そんな競技は無いけれど)こんな事できるのは日本人か中国人くらいではないかと思ってしまいます。

 

ファッションリフォームというと、なんかこう、「もったいないから」とか「節約する為」だとかそんな印象が未だにあって、そうではなくて能動的にもっとカッコ良くなる為、もっと自分を良く見せる為、もっといい着心地を求める為、そういう風な方向へと向かっていきたいと自分は考えてます。

その為にファッションリフォームという言葉は捨てて、新しい価値観を提供できる新しい言葉はないものかと、模索中です。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload